いまどきの病院

  • 2011.03.11 Friday
  • 04:08
 
母が倒れ、入院病棟に久しぶりに行きましたが
一般病棟よりも個室の部屋数が多く
個室にいれられた母のもとに
父がパジャマやタオルを持参すると
病院既定のレンタルタオルとパジャマ以外の
着用は禁止と言われ、
1日1000円のレンタルをあてがわれ

次々に現れる医師たちは、
母の年齢と体と顔を見て、
道具のように扱い、

看護婦たちの笑顔は、いまどきセンスの無い
営業マンでもしないような適当な笑顔。。。


高齢化による需要と供給のバランスでしょうか。

完全なる利益重視でしょうか。

そこには愛がまったくありませんでした。

一般病棟が空いていないので
(というかほとんど一般病棟がありませんが)

個室に入っていることで、

母は、お金を心配していました。

金なんて一切心配するな。

俺の金を全部使え。

所詮金だ!と言い、仕事に戻ってきました。

お金で買えないものがある。

帰るものは、マスターカードで。


高齢化に慣れた病院の今後の体制に

不安を感じました。



ネットショップコンサルタント







コメント
大きな病院ほど、その傾向が強いようです。

私の父も昨年、倒れましたが、
小さな病院で最後まで、
手当てをしてくれました。

大学病院系は、設備がいいのかもしれませんが、研究材料のような扱いを受けることも多々あるので、一長一短です。

がんばってください!
  • 荒木
  • 2011/03/11 12:22 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM